ホーム > 暮らし > 帰化申請の役割

帰化申請の役割

帰化申請を南米人が行うのは、けっこう大変です。なぜなら、日本や韓国のように
戸籍がないので、家族関係を証明するのが大変なのです。

帰化申請する場合は20歳以上であることが必要です。
帰化申請するきっかけは就職や結婚などいろいろありますが、20歳以上の方だけがそういったきっかけがあるわけでは無いので、条件が厳しいと感じる人が多いです。
しかし、20歳以上の人と同時申請することで、帰化申請することが出来るので、家族の人と一緒に帰化申請することで割引適用にもなりますし、家族にとっても良い条件なので、家族同士で帰化申請する人も結構います。
帰化申請は、南米の場合大変ですが、欧米なら比較的簡単です。


タグ :

関連記事

  1. 映画館で映画を観るということ

    映画を最近見ることが減ってきているように感じます。 以前は、よく映画館へ足を運ん...

  2. 引越し先の東京でハウスクリーニングするなら

    綺麗好きな人がいればそうでない人もいる。色んな人がいるから社会は上手く成り立って...

  3. マナトレーディングで自分が好きだと思えるカーテンを選ぶ

    街を歩くと、今どんなファッションが流行っているのかすぐに分かりますよね。だってみ...

  4. 引越準備で喘息発作

    ちょうど1年ほど前に、引越ししました。 当時2歳だった子供の幼稚園入園のための手...

  5. 帰化申請の役割

    帰化申請を南米人が行うのは、けっこう大変です。なぜなら、日本や韓国のように戸籍が...

  6. テスト

    テスト記事です。...