ホーム > 暮らし > 引越準備で喘息発作

引越準備で喘息発作

ちょうど1年ほど前に、引越ししました。
当時2歳だった子供の幼稚園入園のための手続きなども重なり、とても忙しい時期でした。

主人も仕事が忙しく、これは私が引越の荷物をまとめるしかない!と思い、
引越の2週間ほど前からダンボールに詰めはじめました。
2歳の息子はまだまだ私にべったりで、1人ではテレビも見ないので
息子が起きる前、昼寝中、寝た後を中心にコツコツと荷物をまとめました。

数日経った頃、咳が出てきました。
疲れもあるし、季節的に風邪かなと軽く考えていたのですが
日に日に咳がひどくなっていき、ひどい時には呼吸もできないほどで、危険を感じたため病院へ行きました。
診断結果は『喘息の疑い』
今まで病気とは無縁と思うくらい健康だったのですが、まさかこんなに忙しい時に『喘息の疑い』だなんて・・とショックでした。
医師からは『絶対安静。引越準備など問題外』と言われたのですが、主人にそれを話しても『自分も忙しいから・・(困るよ)』という無慈悲なもの。

仕方なく、結局ほぼすべてのダンボール詰めを私1人でやりきりました。
なんと90個。
引越し後に、喘息の専門の病院に受診したところ、『ダニ、ハウスダストのアレルギーがあるので、その喘息発作かもしれません』と言われました。
その後も2ヶ月ほど、咳が止まりませんでしたが、なんとかおさまりました。
今思い出しても、とっても辛かった思い出です。
引っ越し業者もいろいろとありますがアート引っ越しセンターなんかがいいかなと思います。
アート引っ越しセンターの口コミについてが参考になりました。
引っ越し料金は一括見積りで比較するのが良いですね。


関連記事

  1. 映画館で映画を観るということ

    映画を最近見ることが減ってきているように感じます。 以前は、よく映画館へ足を運ん...

  2. 引越し先の東京でハウスクリーニングするなら

    綺麗好きな人がいればそうでない人もいる。色んな人がいるから社会は上手く成り立って...

  3. マナトレーディングで自分が好きだと思えるカーテンを選ぶ

    街を歩くと、今どんなファッションが流行っているのかすぐに分かりますよね。だってみ...

  4. 引越準備で喘息発作

    ちょうど1年ほど前に、引越ししました。 当時2歳だった子供の幼稚園入園のための手...

  5. 帰化申請の役割

    帰化申請を南米人が行うのは、けっこう大変です。なぜなら、日本や韓国のように戸籍が...

  6. テスト

    テスト記事です。...